クリエイターは何ができるのか?

BlockPunkで、クリエイターは

  1. 限定版デジタルコンテンツ(動画かイラスト)を販売することで収益を得られます。ファン同士で再販された時も、一定額が還元されます。
  2. ブロックチェーン上に記録するため、作品の権利が保護されます。
  3. デジタルコンテンツやトークンを事前販売することで、世界中のユーザーから新プロジェクトのクラウドファンディングをできます。

私たちのミッションは、ブロックチェーンとP2Pテクノロジーを活用しクリエイターとファンにもっと自由をもたらすことです。

誰がパンクになれるのか?

映画監督/動画制作者/イラストレーター/アニメーター/ユーチューバー/Vチューバー/声優/漫画家...常識を変えようとする創造的なクリエイターなら誰でもなれます。

Punkは創造の自由を意味します。ぜひサインアップして下さい。

我々がクリエイターに提供するもの

  • ブロックチェーン上に記録された、動画やイラストのデジタル証明書。ブロックチェーンに作品を記録することで、自身が作品のクリエイターであり所有者であることを証明しつつ限定版の作品を販売できます。
  • 作品のデジタル店舗としての機能。簡単にプロフィールを設定して販売を開始できます。
  • 作品の販売支援。他のマーケットプレイスや有名ブランドと提携し、アニメコミュニティとブロックチェーンコミュニティで作品の販売を支援します。

作品の販売にあたって、知的財産権(IP)はどうなるのか?

BlockPunkで商品を購入する際、ファンは作品の非営利での利用権を購入しています。知的財産権や著作権はあくまでクリエイターに帰属します。払い戻し及び返品はできません。しかし、ファンはBlockPunkで作品を購入することによって、それが再販品であったとしてもクリエイターを直接的に支援できます。


ブロックチェーンとは?

なぜPunkという言葉を使っているの?

レベニューシェアとは?

BlockPunkは誰が運営しているの?

回答が見つかりましたか?